【呼吸】鼻から吸うか口から吸うか?

歌ってて息を吸うとき、鼻から吸うか?口から吸うか?考えたことはありますか?
人によって様々なんですが、結論から言えば「どっちでもOK」です
ただし口呼吸には少しデメリットがあります

口呼吸のデメリット
口・喉・声帯が乾燥する
唾を吸い込んで、むせる事がある
呼吸の音をマイクが拾ってしまう場合がある

てな感じです

ブレスのヒマが無いときは、口で吸ったほうが速いです
ロングトーンの前に、一瞬しか吸うヒマが無い曲とかありますからね
普段は鼻呼吸、ヒマが無いなら口呼吸。みたいに使い分けるのが良いと思います

「口から吸うと胸式呼吸になりやすい」という人もいますが、そもそも歌の場合は吸気で大げさな腹式呼吸をやる必要はありません
吐く時はしっかり腹式を意識したほうが良いですが、吸うときはそんなに意識しなくても大丈夫だと思います
たまにボイトレで「息を吸うときに腹と背中を膨らませて、奥まで空気を入れろ」とか言いますが、息の吸いすぎは良くない場合があります

腹式呼吸の話」でも書きましたが、歌で大事な事はしっかり息を吐くことです
ちゃんと息を吐けば、肺の中が陰圧になるので、それなりに空気が入ってきます
肺の空気を全部交換する必要はありません。適量の空気が出入りすれば十分なんです
なので、「吸う」ことよりも「吐く」ことに意識を集中してください

ちなみに「腹式呼吸は必要ない」という意味ではないので注意してください
横隔膜を使う呼吸は全部腹式呼吸なので、腹式呼吸じゃないと人間はマトモに呼吸できません
ただ、吸うときに大げさに腹や背中を膨らませる必要はないという事です
歌の腹式呼吸と、ヨガや太極拳で使う腹式呼吸は違います
腹式呼吸の詳しいメカニズムは、腹式呼吸の話を読んでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です