先生に「良い例」と「悪い例」を見せてもらおう

ボイトレでもスポーツでも共通することですが、言葉で説明するよりも実際の動作でお手本を見せたほうが分かりやすいです
ボイトレでも分からないことがあれば、先生に「良い例」と「悪い例」を見せてもらいましょう
これが出来ない先生はダメなので、先生を変えましょう

例えば、「もっと喉を開いて歌って」と言われたら、「喉を開いた歌い方」と「締めた歌い方」を見せてもらいましょう
腹式呼吸を意識して」と言われたら「腹式の歌い方」と「腹式を使わない歌い方」の違いを見せてもらいましょう
そうすれば一目瞭然です

これを言われると困る先生もいると思います。それは「背中を使って声を出す」とか「後頭部から声を出すように」などの抽象的な表現をする先生です
それをちゃんとデモンストレーション出来るなら良いですが、出来ないとしたら適当な言葉を並べてるだけって事です
「歌には下半身が大切」と言うなら、下半身の使い方でどう声が変わるのかを見せてほしいです
お金を払ってボイトレに通ってるなら、遠慮しないで先生にどんどん質問しましょう

ちなみに私は、このブログに書いてある事は全部「良い例」と「悪い例」を見せられます
声帯や喉仏のコントロールはもちろん、「感情を入れる・入れない」の差や「歌い方にクセがある・ない」の違いで、どう歌い方が変わるのかを見せられます
こういうのはスポーツ指導の世界だと当たり前のことなんですが、ボイトレだとあまり見たことがありません(><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です