非整数次倍音の歌手は誰?

前回の話の続きです
倍音には整数次倍音と非整数次倍音(ノイズ混じりの声)がある。と前回に書きました

整数次倍音:力強い、頼りがいがある、ハッキリした声
非整数次倍音:味がある、親しみやすい、ハスキーボイス

ザックリ書くとこんな感じです
非整数倍音は耳障りなノイズを出してる声もあるので、全部が良いとは言えません

前回も書きましたが、B’zやTMレボリューションなんかは力強い整数倍音です
っていうか、だいたい整数倍音の歌手が多いと思います
ちなみに私の声も整数倍音が強いパワー系なので、逆に「味のある声」に憧れます

ノイズ混じりのハスキーボイスの代表と言えばスティーブン・タイラー。ラウドネスの二井原実とか
演歌だと森伸一。その息子のTAKAは整数のパワーもそこそこあって、さらにハスキー要素もあるオイシイ声
私の好きなスティーブ・ペリーも「整数のパワー&ハスキー要素」をミックスした声です
非整数の歌手は他にもブルース・スプリングスティーン、ブライアン・アダムス、リッチー・コッツェン、デヴィッド・ギルモア、ケニー・ロギンスとか・・・全部私の趣味ですが、みな味のある良い声をしてます(かと言って、ノイズが混じりすぎると天龍源一郎みたいになって、普通の歌に使えない声になってしまいます)

クラシックやオペラだと、ハスキーな声は悪い声に分類されますが、ロックやR&Bにはマッチします

この人たちは何でノイズ混じりの良い声を出すのでしょうか?
簡単な話です。元々そういう声だからです
以前も話しましたが、スティーブン・タイラーもTAKAも、普段のインタビューから「あの声」なんですよね
声帯閉鎖が弱いのか?声帯表面の状態が悪いのか?ノイズが混じるってのは声帯の健康的には悪い場合が多いです

「声帯から上の共鳴でノイズを作るんだ」って言う人もいますが、だぶん共鳴だと良いノイズは乗らないと思うんですよね・・・私の経験上ですが
声帯と仮声帯の使い方がポイントになると思います

次回は「ノイズを声に乗せる方法」です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です