自分の声を録音して聞いてみよう

今回のまとめ
・自分の歌を録音して具体的に何が悪いか考える
・上手く歌えたと思ったら保存する
・音程も良くなる

・他人にも意見を聞く
・録画すれば、さらに自分のクセが分かる

練習において絶対に必要なこと、それは自分の声を録音して聞くことです
ほとんどの人間は、自分の下手さに愕然とするでしょう
私もバンド練習やライブの録音を聞くと、窓から飛び降りて死にたくなります
(Θ_Θ)
しかし、これをやったほうが確実に上達します
まぁ練習しなくても元々上手い人もいますけどね(><)

自分の歌を録音して、安いスピーカーで再生するんです(ヘッドホンだと上手く聞こえるから)
で、自分の欠点を探します。単に「下手だなぁ」じゃなくて具体的に考えてください
例えば「音程が悪い」「苦しそう」「歌い方が平坦」「リズムが走ってる」とか
それを次回の練習で注意しながら歌います

「今回は上手く歌えた」と思ったら、それは消さないで保存しておきます
後になって、「あのとき上手く歌えたのに、歌い方を忘れちゃった」ということがあるからです
ただし、歌った日の夜は上手いと思ったのに、3日後に聞いたら下手だった。みたいな事が多々あります(笑)

下手な録音もできれば保存しときましょう。後で聞くと自分の成長が分かるし、反面教師になります

だんだん上手くなってきたら、プロのCDや、Youtubeの上手い人と比べてみましょう
すると、自分なんかまだまだ下手だなと実感します(笑)

音程も録音することで改善します
歌ってるときは音を外しても気づきにくいので、後で録音して聞いてみましょう
自分がどういう場所で音を外すか分かってきます
そうすると、今度は歌ってる最中に音を外した瞬間が分かるようになります
するとだんだんと音程が安定してきます

あとは、誰か友達に聞いてもらって、意見を聞くのも大事です
自分だけでは欠点が分からないことが多いです
ただし、世の中には間違ったボイトレ理論があふれているので、友達のアドバイスを真に受けないようにしましょう。あくまで「どう思うか」を聞くだけで十分です

さらに言えば、録音じゃなくてカメラで録画すると、さらに自分の悪いクセが分かったりします
例えば「肩が上下して呼吸が浅い」「アゴが前に出てハイラリになってる」など
特に喉仏の動きをズームして録画すると、いろいろ改善点が見つかるかもしれません

録音はスマホや安いICレコーダーで十分です
カラオケのエコーもOFFにて録音しましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です