自宅で簡易防音室を使ってみた感想

「Very-Q」と「だんぼっちトール(改造版)」のレビュー動画です
ヘッドホンで大きめのボリュームで聞くと分かりやすいです
上がVery-Q、下が改造だんぼっちです

防音性能の詳しいレビューは、Youtubeの動画のコメントを読んでください
性能的には、改造だんぼっち>Very-Q>ノーマルだんぼっち、です
「ノーマルだんぼっち」は防音性能が低いです
Very-Qのほうが簡単に組み立てできて、使わないときは分解して収納できるから便利だと思いました
だんぼっちにブ厚い吸音材を貼ると、Very-Q以上の性能になるんですけどね

カラオケで練習すると3時間1000円くらいですよね
安いところなら午前3時間600円とかありますが
自宅で時間を気にせずに歌えるのは便利です

簡易防音室の欠点は、中が暑いんです
だんぼっちなら換気扇が付いてますが、それでも暑いです
真冬でも中がポカポカしてきます
たまにドア開けて扇風機で換気しながら使ってます

レコーディングするとしたら、ノーマルだんぼっちは音が反響するんで、中に吸音材を貼らないとダメです
あと湿気が篭るんで、高いコンデンサーマイクを長時間使うのは怖いです

ただ勘違いしちゃいけないのが「大声を出さないと練習にならない」という思い込みです(そう思ってる時期が私にもありました・・・)
声帯閉鎖のコントロールなんかは、普通の声でも十分です
建物にもよりますが、風呂場なんかでも練習できるんじゃないかな~と思います
レオパレスなんかはダメでしょうけどね(><)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です