歌うときの姿勢について

今回のまとめ
・極端に悪い姿勢じゃなければ、意識しすぎなくてOK
・リラックスしたいなら、同じ姿勢を保つんじゃなくて、動く


歌うときの姿勢について
結論から言うとですね、上級者になれば、どんな姿勢でも歌えます(まぁ限度はありますが)
ただし、初心者のうちは悪い姿勢で歌うと「悪いクセ」がつく場合もあります
良い姿勢のほうが、良い発声になりやすいです

じゃあ、どんな姿勢が良いかと言うと、、、
リラックスして普通に立ってればそれでOKです(笑)

ボイトレに行くと、「天井に身体が吊り上げられるように意識する」とか「足は肩幅に開いてお腹を引く」とか色々言われますが、それで身体が緊張したら逆効果です
前も書きましたが、初心者はいろんな課題を同時にこなす事はできません
姿勢を気をつけて&腹式呼吸で背中を意識して&声帯閉鎖を弱めながら&喉仏をコントロールする・・・なんて事はできません
極端に悪い姿勢にならなければ大丈夫ですので、過剰に意識する必要はありません

極端な悪い姿勢というのは
極端な猫背:胸郭が広がらず呼吸が浅くなります。かと言ってピーンと背中を伸ばして緊張しないように
アゴが前に出て顔が天井を向く:志村けんの「アイーン」みたいな感じです。ハイラリになって喉が絞まりやすいです
(プロの歌手が上を向いて歌うこともありますが、それは喉仏を下げつつやってるから大丈夫なのです。要は上級者ならどんな姿勢でも歌えるって事です)
肩にやたらと力が入っている:よけいな力が入っていると単純に疲れますし、声にもムダな力が入ります
腹部にやたらと力を入れる:ボディブローに耐えるような力を腹筋に入れる人がいますが、腹式呼吸はそういう力の入れ方ではありません。ゆっくり少しずつ息を吐いて自然に腹が凹めばOKです。詳しくは↓以下の2つの記事を参考ください
腹式呼吸を掘り下げる
腹横筋について

前々回の記事で「歌う以外の筋肉は脱力しよう」と書きました
どうすれば筋肉を脱力できるのか?簡単です。適当に動けば良いのです

ジーッと同じ姿勢で立ってると疲れますよね?
スーパーのレジ打ちや、デスクワークをすると肩や腰が痛くなります
でも歩いていると、肩や腰が緊張することはありません
なので、先に書いたような「天井に身体が吊り上げられる姿勢」とか「足を肩幅に開く」みたいなのを頑固に守ると、かえって身体の力が抜けないのです

私のおすすめは、手をブラブラさせながら歌う方法です
リズムに合わせて体を振るのも良いですね
あとはカラオケの部屋の中を歩きながら歌ったりします
ジッと立ってるよりも楽です。リラックスしてると声の出も良いです

と、こんな事は日常生活なら当たり前のリラックス方法ですが、「歌の姿勢はこうだ!」という強い思い込みが、かえって自由な発声を阻害してしまうんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です