アゴをあまり開かない方がハイトーンが出やすい?

今日は「アゴの開き加減がハイトーンに影響するか?」について話をします
実は以前から「アゴをあまり開かない方が、スムーズにハイトーンが出るのでは?」と思ってました

なぜかと言うと、私は裏声を出すときに、アゴを開かないほうが出しやすいんです
なので、地声→裏声に移行して音程がUPするときに、アゴをだんだんと狭めたほうがスムーズに移行できるのでは?と考えてました

なぜアゴを狭めたほうが高音が出やすいのか?
それは、口腔の大きさや形が変化することで、響きやすい周波数が変わるからです。詳しくは→こちら
しかし、これは音程が高くなる訳ではなく、音質が明るくなるだけです
以前ブログで書いたように、音程(音の高さ)は「声帯振動」で決まります
という事は、「アゴの開き具合」で音質は変わっても音程は変わらないはず・・・

ところが「アゴや喉仏の位置が声帯振動に影響する」という研究結果があるらしいです
まぁどれぐらい影響があるのか分かりませんが、ボイトレをする際に頭に入れておいたほうが良さそうです
Youtubeでも「高音を出すときは母音を狭める(アゴを開きすぎない)」と教えている人が何人かいますので、メソッドとして研究されているんでしょうね
(ちなみに喉仏を上げると高音が出やすくなるのは、声帯そのものが引っ張られるせいもあると思います)

「あ」を発音するとき「口を大きく開いた状態」では上手く高音に入れないので、あまり口を開かないで「あ」と発音して、上手く誤魔化す必要が出てきます
以前の記事で「母音を誤魔化してハイトーンを出す方法」を書きましたが、それと同じ要領ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です