歌詞を大切に歌うという事。甲本ヒロトの歌い方

本日は「歌詞を大切に歌う」という事について書きます
以前に書いた「歌に感情を込める方法」や「歌のクセを直す方法」を読んでいただけると、より理解できると思います

まずはこの動画の1:50~見てください
山本晋也と甲本ヒロトの会話です

会話の内容ですが、

山本「ロックって歌詞が何だか分からない。桑田(サザン)なんかの責任もあると思うんだな。日本語をあんなふうにしちゃうってのはさ」

ヒロト「桑田さんや矢沢永吉さんは今までにないスタイルで歌ったからロックだと思う。でも僕が先輩の真似をしたらロックじゃないと思った。僕のスタイルはハッキリ歌うこと

てな感じの内容です
これは何を言ってるかと言うと、日本語の発音「滑舌」のことです

サザンの桑田は独特の滑舌のクセがありますよね(特にライブで)
例えば、「夢を~乗せて~走る~車道」が
「ん夢うぉ~乗ぉせてえ~走るぅ~しゃどぅ」みたいに

矢沢やB’zなんかも、こういう「日本語を英語のように発音する」歌い方をする場合があります
一方ヒロトは、日本語の発音そのままでハッキリ歌ってるんですね

以前も書きましたが、これは「どっちが良い」という事ではなく、その人のスタイルの問題です
日本語を英語みたいな発音で歌うと、歌詞にリズム感が出ます
(詳しくは「歌にリズム感をつける方法」を読んでください)
なので、サザンのような軽快な曲にはこの歌い方が合うんですね
矢沢やB’zも「ロックンロール!イェイ!」みたいな感じなら、英語っぽい滑舌のほうがカッコ良くなります

ヒロトの歌い方は、日本語の発音そのままハッキリ歌うので、歌詞の内容がストレートに心に響きます
歌に感情を込める方法」や「歌のクセを直す方法」に書きましたが、歌詞を大切にして感情表現をするなら、日本語の発音そのままで歌ったほうが良いんです

大事なのは、これらの歌い方を使い分けられるようになることです
使い分けができない人は、しっとりバラードもヒップホップも同じような歌い方しかできません
まぁ「これが俺のスタイルなんだ!」と、同じ歌い方で貫き通しても良いんですけどね

最近のロック歌手は、昔とは違う新しいスタイルの歌手がたくさんいますね
最近の流行はどちらかと言うと「歌詞を大切に歌って、ファルセットやハスキーボイスで繊細な雰囲気を出す」みたいな感じではないでしょうか?
まぁWANIMAみたいなパワー系もいますけど、最近はどのバンドも自然な日本語の発音で歌ってる気がします(英語の歌詞はもちろん英語の発音になる)
ビジュアル系はクセのある滑舌で歌う人が多いですけど

上記でヒロトが言っていたように、「先輩の真似したらロックじゃない」ですから、これからも新しいスタイルのバンドがどんどん出てくることを期待します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です