二井原実 × 稲葉浩志 ボーカリスト対談を見た感想

3年くらい前の動画ですが、ラウドネスのボーカル二井原さんと、B’zの稲葉さんの対談の動画です。マサ伊藤が司会してます
ボーカリストとして興味深い話を聞けます

以前の日記にも書きましたが、私はボーカルを研究するときに、「歌ってる声」と「普段の声」を比較します。そうすると発声方法が推測できるからです
あくまで想像ですが・・・

二井原さんは話し声がすでにハスキーボイス
声帯から空気が漏れて仮声帯も振動してる感じがする。声帯の健康的には悪そう
ちょっとハイトーン出しただけでシャウトになるはず
高音は出やすいが、声帯の表面が荒れるとコンディションが変わりそう
喉が太い(後で解説しますが、今は喉仏を下げる意識で歌ってるらしい)
太い喉で、喉仏下げて、枯れた声帯でシャウトしたら、そりゃ外人メタルバンドみたいな声出るわ・・・

稲葉さんも喉が太いし長い。喉仏がデカくて下の位置にある
二井原さんみたいに枯れてない。健康な感じ
声帯がしっかり振動してるので、地声成分が多い
地声は喉によく声が響いていて、声質は低い
で、歌うときは喉仏を上げて歌うんだと思う
普通の人が稲葉さんみたいに歌うと、喉が絞まったハイラリボイスになってしまう
喉仏の位置が低い人なら、ハイラリにしても良い感じになるんだと思う
地声の振動が強いから、ミックスボイスも強く出やすい
激しい曲もバラードも裏声使わず地声一本で歌うのは「男っぽさ」を売りにしてるのかなぁ・・・

・・・たぶんね(´・ω・`)
(ちなみに伊藤政則も喋りのプロだから良い声してる)

この2人の歌い方は普通の人には参考になりません
特殊な喉を持った人間が、特殊な歌い方をやってます。悪く言えばクセの塊
同じようなタイプの人は参考になるでしょうけど、普通の人はマネしないほうが無難

ちなみに私の声は、稲葉さんみたいに地声成分が強いですが、喉が細く、喉仏の位置が高く、地声も高くて軽いです
喉にあまり響かず口腔で響くので、厚みがない声です
だから、稲葉さんとは逆に喉仏を下げるようにして歌って、さらに地声成分が出すぎないように裏声を混ぜるようにしてます
プロの歌い方を真似るんじゃなくて、自分の喉に合った使い方を心がけてます


動画ではいろいろと面白い話をしてるんですが、私がビックリしたのは「2人ともデビュー当時は我流で歌ってて、ボイトレ知識も少なかった」ということ

二井原さんは、「暴飲暴食&過酷なツアーで28歳くらいで声が出なくなって、30代半ばで生まれて初めてボイトレやって、声が改善した
稲葉さんは、「昔はウォームアップ方法を知らなくて、ライブ前に無理に叫んで自滅してた(21:10~)
。。。おいおい(^^;)

14:50~2人ともイヤモニあると良いと言ってますね
モニタースピーカーの音量がデカすぎると耳が遠くなる。耳が遠くなると自分の声が聞こえなくなる。するとガナる(無理に叫ぶ)。すると声が出なくなって、さらに自分の声が聞こえない。の悪循環
イヤモニなら、そういう事はないそうです
このブログでも、ライブやスタジオで歌って疲れる人のために記事を書いてます→こちら

18:00~「リップロールは大事」という話をしてます
私も大事だと思います。以前に書いたリップロールの記事は→こちら

29:00~二井原さん「年齢を重ねるとボーカルは声が衰えてくる。その状態に合った曲をやるべき。と医者に言われた
稲葉さんも若い頃とは歌の感覚が変わってきてるそうです。あれ?と思うことが時々あるらしい
私が思うに、稲葉さんは若い頃よりも地声(普段の話す声)が低くなってる気がする・・・でも若い頃の軽い声よりも、今のほうが良い
最高音は衰えるかもしれないけど、低音~ほどほどの高音までは、昔より厚みが出て良いんじゃないか?と私的に思ってます

41:30~デスボイスについては2人とも経験はないようで、「喉を痛めないで、あんな声が出せるのは不思議」みたいな事を言ってます
デスボはコツさえ掴めば声帯に負担はかけませんし、パワーも不要になります。詳しくは→こちら

58:20~稲葉さんが「日本語でハイトーンを歌おうとすると母音が歌いにくいので苦労する」と言ってます
私もそう思います。母音についての記事は→こちらこちら
以前にも書きましたが、稲葉さんは日本語の発音を英語っぽくして歌ってます。そのほうが、歌いにくい母音を誤魔化せるので高音は歌いやすくなります

特に興味を引いた内容が51:00~55:00の二井原さんの話です
アメリカのレコーディングで英語の発音で苦労した。外人は英語の発音で喉に響かせる。これが日本人にはできない。俺もここ5年くらいで分かってきて、喉の奥(重心の低い位置)で響かせるようにしている。俺はゲロボイスって呼んでる
的な内容です
たぶんコレって「喉仏を下げる」って意味だと思うんですが、二井原さんが言ってる「ゲロボイス」ってもっと深い技術がありそう。舌の使い方や、喉~口の共鳴腔の使い方とか
二井原さんが54:00~実例でやってくれてるんだけど、確かに外人みたいな声が出てる
でも二井原さんの喉が特殊(声帯がハスキーで太い喉)だから、ちょっと参考にならない部分もある


外人は何であんな声が出るんだろう?といつも不思議に思ってます
喉の太さや、声帯の厚みなどの肉体の違いもありますが、発音技術の違いも大きいと思われます

日本人と外人では、母音や子音の数が違うんですよね
日本語の母音は「アイウエオ」だけですが、英語の場合は「ア」の発音だけでも5種類くらいあって、「アとエの中間」みたいな発音もあります
つまり外人は「多彩な喉&舌の使い方ができる」ということです
もちろんコレは歌にも生きてきます

これはいつか詳しく書いてみたいのですが、私自信が英語を話せないんで、書いたとしても、パクリ記事しか書けないんですよね
自分がまず習得しないと、自分の言葉で説明できないので、ちゃんと練習してから書こうと思います

声優やモノマネ芸人は歌も上手い?

声優歌手を兼業してる方って多いですよね
どちらも声を使う職業なんで、共通して使える技術があるんだと思います

声優さんは、喉をコントロールして多様な声を出せます
アニメでいろんなセリフを録音しますからね
例えば、声を枯らして「貴様ぁぁああ!」と叫ぶようなセリフとか、明るい声で「おはよう」とか、怖い声で「我輩に逆らう気か?」とか
これは声帯、喉仏、口、舌を上手くコントロールしないとできません
歌でもこれらのコントロールが重要になります
普段からセリフの練習をしているので、歌詞に感情を込めるのも上手いです(歌に感情を込める方法は→こちら
我々素人もそれなりにセリフを言えますが、プロのクオリティにはかないません

さらに、声優さんは元々の声質に恵まれています
最近よく「イケボ(イケメンボイス)」という言葉を聞きます(外見がイマイチでも、声がカッコイイとモテるらしいです)
以前ハスキーボイスの記事でも書きましたが、「癒される声」「落ち着く声」ってありますよね
「ヒーローっぽい声」の声優さんも、歌うとカッコイイです
まぁ中には「目玉の親父」みたいな個性派もいますけど
声質が良い声優が、ボイトレで練習して、さらにプロがレコーディングする・・・そりゃ~レベルが高くなりますよね

ちなみに私はイケボではありません
声がビリビリして口腔共鳴が強いです。ギャーギャーとうるさい声です
歌でも声がキンキンして、やたらと高音が共鳴してしまいます
なので喉仏が上がらないように注意してます
鼻が詰まって口腔共鳴が強すぎるのかな?なんて事も考えてます

あとモノマネ芸人もすごいです
モノマネも喉のコントロールが必要になるので、歌が上手い人が多いですね

このブログでも何回か書いてますが、モノマネが歌の練習になることがあります
ミックスボイスやヘッドボイスの練習として、ケンシロウ、志村けん、ルパン三世のモノマネが使えます
裏声が出せない人ならハードゲイの「フォーウ!」とか
喉仏を下げる練習なら秋川雅史とか良いかもしれません

注意することは、自分の憧れの歌手の真似をしても、逆効果の場合があります
あくまで「技術のコツを掴むため」にモノマネを使います
以前も書きましたが、基礎が出来てないうちにプロのクセを真似しないほうが良いと思います

デスメタル・ボーカル音源 VOICES OF RAGE

ついにここまできたか(´・ω・`)

デスメタル・ボーカルを演奏できるソフト音源
VOICES OF RAGE

本物のデスボイス・ボーカルの声が録音してあって、それを再生・加工できるソフトみたいですね
ボーカロイドではなく「サンプリング音源」という位置づけです
(初音ミク等のボーカロイドは電子音から声を作っていて、本当の人間が録音しているわけではない)
なので、ボーカロイドみたいにコレに歌詞を歌わせるという事はできないと思います
あくまで録音してある素材の繋ぎ合わせのようです

↑の動画の0:30くらいからデスボイスが入ってますね
DEATHとかDIEとかGODとか繋げるだけで、それっぽい歌詞になってるw
これのボーカロイドとか出たらヤバイな・・・(Θ_Θ;)

歌詞を大切に歌うという事。甲本ヒロトの歌い方

本日は「歌詞を大切に歌う」という事について書きます
以前に書いた「歌に感情を込める方法」や「歌のクセを直す方法」を読んでいただけると、より理解できると思います

まずはこの動画の1:50~見てください
山本晋也と甲本ヒロトの会話です

会話の内容ですが、

山本「ロックって歌詞が何だか分からない。桑田(サザン)なんかの責任もあると思うんだな。日本語をあんなふうにしちゃうってのはさ」

ヒロト「桑田さんや矢沢永吉さんは今までにないスタイルで歌ったからロックだと思う。でも僕が先輩の真似をしたらロックじゃないと思った。僕のスタイルはハッキリ歌うこと

てな感じの内容です
これは何を言ってるかと言うと、日本語の発音「滑舌」のことです

サザンの桑田は独特の滑舌のクセがありますよね(特にライブで)
例えば、「夢を~乗せて~走る~車道」が
「ん夢うぉ~乗ぉせてえ~走るぅ~しゃどぅ」みたいに

矢沢やB’zなんかも、こういう「日本語を英語のように発音する」歌い方をする場合があります
一方ヒロトは、日本語の発音そのままでハッキリ歌ってるんですね

以前も書きましたが、これは「どっちが良い」という事ではなく、その人のスタイルの問題です
日本語を英語みたいな発音で歌うと、歌詞にリズム感が出ます
(詳しくは「歌にリズム感をつける方法」を読んでください)
なので、サザンのような軽快な曲にはこの歌い方が合うんですね
矢沢やB’zも「ロックンロール!イェイ!」みたいな感じなら、英語っぽい滑舌のほうがカッコ良くなります

ヒロトの歌い方は、日本語の発音そのままハッキリ歌うので、歌詞の内容がストレートに心に響きます
歌に感情を込める方法」や「歌のクセを直す方法」に書きましたが、歌詞を大切にして感情表現をするなら、日本語の発音そのままで歌ったほうが良いんです

大事なのは、これらの歌い方を使い分けられるようになることです
使い分けができない人は、しっとりバラードもヒップホップも同じような歌い方しかできません
まぁ「これが俺のスタイルなんだ!」と、同じ歌い方で貫き通しても良いんですけどね

最近のロック歌手は、昔とは違う新しいスタイルの歌手がたくさんいますね
最近の流行はどちらかと言うと「歌詞を大切に歌って、ファルセットやハスキーボイスで繊細な雰囲気を出す」みたいな感じではないでしょうか?
まぁWANIMAみたいなパワー系もいますけど、最近はどのバンドも自然な日本語の発音で歌ってる気がします(英語の歌詞はもちろん英語の発音になる)
ビジュアル系はクセのある滑舌で歌う人が多いですけど

上記でヒロトが言っていたように、「先輩の真似したらロックじゃない」ですから、これからも新しいスタイルのバンドがどんどん出てくることを期待します

カラオケよりバンドで歌うと疲れる人への対策方法

カラオケで歌うと大丈夫なのに、バンドで歌うと疲れる」ってのはボーカルなら経験あると思います
ベテランになると慣れてくるんでしょうけどね

原因としては、周りの楽器に負けないように声を張り上げてしまうケースが多いです
自分の声が聞こえないと、つい力が入ってしまいますよね
他にも、、、テンションが上がって身体が緊張したり
連続で歌って疲労したり(カラオケだと休めますから)
エアコンで乾燥してしまったり・・・などなど

まずは、ボーカルの声を聞き取りやすくするために工夫しましょう
スタジオは15畳くらいの狭いスペースなんで、ギターやドラムの音にボーカルが埋もれがちです
かといってマイクのボリュームを上げすぎるとハウリングします
ハウリングを防ぐ方法は、以前に「スタジオミキサーの使い方」や「マイクの使い方」に書いたので参考にしてください
簡単に言うと、マイクをスピーカーに向けないようにして、ミキサーのイコライザーのHiとLoを下げて、マイクになるべく口を近づけて歌う。です
これでハウリングを防止しつつ、声をしっかり拾えます

声が出てるスピーカーに背を向けてしまうと、当然自分の声が聞こえにくくなります
さらにマイクがスピーカー方向に向いてしまうため、ハウリングが起こりやすくなります
なので、ちゃんとスピーカー方向に顔を向けて歌いましょう

あと、極端に安いマイクを使わないこと。1万5千円以下のマイクを買うなら、スタジオ常設のSM58を使ったほうが良いです

周りの楽器がうるさすぎる場合もあるので、各パート適度なボリュームを心がけましょう
ボリュームだけでなく、ボーカルの帯域(音域)に音が重ならないように「楽器の音質」を変える方法もあります

ギターやベースが「自分の音が聞こえない」と言ってボリュームを上げすぎる事もあります
自分の音が聞こえないとアンプに極端に近づいて弾こうとするのですが、近づくよりも少し離れたほうが楽器の音がよく聞こえる場合があります
ボリュームを上げる前に、よく聴こえる「位置」を探してみましょう
ギターアンプの向きを変えるのも有効です。ギタリストにギターアンプを向けて、ボーカル方向に向けないようにするのも良いですね

私の場合ですが、どうしても自分の声が聞こえない場合は、片耳を塞いで骨導音を聞いて歌うこともあります
これはメリット・デメリットあるんですが、環境によっては有効な場合もあります。詳しくは→こちら

大事なのは「普段カラオケで楽に歌ってる感覚」を思い出しながらやることです
周りの音が爆音でも気にしないで、自分の歌い方を崩さないようにしましょう

声が小さい&聞き取りにくい人は、自分の声がよく通るように練習することも大事です
パワー(呼吸)も大事なんですが「響き」を上手く利用することが大事です
パワーだけで声量を出すと、すぐバテて喉を痛めるからです
詳しくはこちらの→「声量を上げる方法」を参考にしてください

ただし、声のボリュームは身体的な限界もあるので、良い声が出てるならボリュームに拘る必要もないと思います
プロの歌手でもボリュームが小さい人は沢山いますので

こちらも参考にしてください→ 喉のウォームアップ方法 喉に良い飲み物